製品情報
鋳物とは
鋳物ができるまで
当社の製品
ホーム
会社案内
製品情報
技術・品質
安全体感技塾
採用情報
お問合せ・お申込み
アクセス
プライバシーポリシー
サイトマップ

ホーム>製品情報

鋳物ができるまで当社の製品

鋳物とは

鋳物とは、溶けた金属を型に流し込み、造形するものです。
古くは、紀元前4,000年頃にメソポタミアで青銅の武器や装飾品が製造されたとされます。
中国、朝鮮半島を経て日本へ伝わったのは紀元前300年頃と言われています。実際に鋳物造りが広まったのは紀元前100〜紀元100年頃で、銅鉾・銅鐸等が発見されています。
その後技術の進歩もあり、奈良の大仏などの大きなものから、貨幣のような小さなものまで造られるようになりました。

現在では鋳物製造の技術も格段に進歩し、その特性から自動車部品をはじめ、鋳鉄管・産業機械・住宅資材・モニュメント等あらゆるものが製造され、工業製品として無くてはならないものとなりました。
鋳造は材料を溶かし、改めて別の形として利用出来ることから、資源リサイクル産業とも言え、今後更なる活用が期待されています。

▲ページ上部へ

鋳物ができるまで

鋳物を造る素材・設備・技術は、いずれも日進月歩で進化していますが、基本的な技法は昔から変わりません。昔の技術者は、今のように何でも揃っていたわけではないのに、ずいぶん高度なモノ造りをしていたんですね。

▲ページ上部へ

当社の製品

当社の鋳物

鋳物には元来、設計の自由性・優れた加工性・安定した価格という特性があります。
当社は、その特性を十分に生かし、より丈夫で薄く軽く小さく造ることに取組んでいます。現在は、自動車の重要保安部品であるブレーキキャリパーを主力製品としています。技術改良に加え、すべての工程での工夫・改善を重ねた結果、100万個に1個の不具合も出さないシステムをつくり上げ、高品質な製品を安価に素早く供給できる体制になりました。
これを基盤に、世界基準のステージを目指して次のチャレンジを続けています。

技術力

2004年、溶湯を流し込んでから凝固するまでをコンピュータでシミュレーションできる「湯流れ凝固シミュレーションシステム」を導入。 その高精度な解析技術に、社内での改良を加え、問題解決までの時間を飛躍的に短縮しました。

製品1 製品2 製品3 製品1

▲ページ上部へ